鹿児島建設新聞

 丸天建設グループ 立ち直り支援活動

協調性育んで
丸天建設グループ 立ち直り支援活動

丸天建設グループ(水口隆浩会長)は19日、南さつま市のあさひ・ファーム(上妻眞美農園長)の畑で農業体験を通した立ち直り支援活動を行った。農業に関心のある小・中学生や高校生など約10人が参加し、サツマイモの苗植え付け作業に汗を流した。鹿児島南警察署少年ボランティア連絡協議会(森田眞一会長)主催。

同事業は、作物の成長や生産者への感謝の心、達成感を育むとともに、世代間交流を図り、自己肯定感を高め、将来に向けた就学意識を養い立ち直りの支援を図ることが目的。同日は、上妻農園長が作業時における注意点などを説明し、同ファーム従業員や協議会員、南警察署少年課の署員、大学生らがサツマイモの苗を植え付けをサポートしながら、10月の収穫に向けて作業を継続していく。

森田会長は「仲間と一緒に作物を育て収穫することで、協調性が生まれる。子供たちが一歩でも前に進めるように、これからも支援していきたい」と話した。

また、水口会長も「大雨の中での作業で大変だったと思うが、汗を流して働く喜びを感じられたのでは。参加した仲間と世代を超えた交流を図ってもらえたらうれしい」と期待を込めた。

>>更に詳しい内容は会員ページの新聞検索にて!2022年6月24日掲載

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査