鹿児島建設新聞

 輝け若人~川内商工高校 機械科3年 徳永誠也さん

私の熱い夏
輝け若人~川内商工高校 機械科3年 徳永誠也さん

「熱い夏が始まる」。友人らは部活動を引退し、進路に向け動き始めた。私も目標とする企業を決めたが、その前にやるべきことがある。県高校生溶接競技大会で優勝することだ。

私は器用ではなかったが、ものをつくることが好きだった。高校では、エネルギー工作研究部に居場所を見つけた。

各種イベント等に作品を出品する同部で、先輩方がものづくり大会に挑戦していることを知った。県大会で優勝し、九州大会に進んだ先輩の話を聞き、「続きたい」と思うようになった。

そこから、技術研さんに没頭。思うように成果が出ない毎日が続いたが、時を重ねるとあれほど難しかったことができるようになっていた。そして、高校生ものづくりコンテストの県予選では、旋盤部門に出場。

しかし、本番中にめまいや頭痛がどんどんひどくなり、途中棄権してしまった。優勝を目標に頑張ってきたのに「なぜ、どうして」としばらく落ち込んだが、このままでは終われないという思いがあふれてきた。

7月にはメンバーに選ばれ、溶接競技県大会に出場。懸命に練習を重ねて挑み、大会を終えた今では「精一杯やった」と胸を張って言える。 

思えば人見知りだった私が、学校生活を通して友人、先生方や地域の方々へも進んで挨拶し、初対面の人とも会話できるようになった。学校で得たこのような財産も、卒業後の人生に大切に持っていきたい。

>>更に詳しい内容は会員ページの新聞検索にて!2019年8月2日掲載

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査