鹿児島建設新聞

 県中小企業家同友会

新入社員研修会で交流
県中小企業家同友会

県中小企業家同友会(上塘裕二・上田平孝也代表理事)の新入社員研修会が3月30日、鹿児島市のかごしま国際交流センターで開かれた。会員企業に入職予定の新人ら約60人が参加。2日間にわたりビジネスマナーや働く意義などを学んだほか、社を越えた同期との仲を深める機会になった。

求人・共育委員会(森聡二郎氏・前薗栄作委員長)主催の研修会。冒頭の挨拶は、森委員長(エヌオーエス)が務め「ここに集まるのは皆、社会人として同じラインに立つ仲間。刺激を受け、4月からビジネスマンとしての良いスタートを切ってほしい」と話した。

同日は、業界関係などから4人の講師を招き、水谷典子氏(キャリアスカイ)は「社会人の心得」について説明。会社を越えた横のつながりをつくろうと、自己紹介や共通点・唯一点探しなどのグループトークを行った。最初は緊張した面持ちの参加者らだったが、話を進めるうちに笑顔を見せ、会場を笑い声が包んだ。

水谷氏は、「人との出会いは財産。心をオープンにして今後も相談し合える友人をつくる機会になれば」と微笑んだ。

>>更に詳しい内容は会員ページの新聞検索にて!2021年4月2日掲載

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査