鹿児島建設新聞

 県道路公社発注見通し(第2回)

工事34件、委託8件

指宿有料道路を管理運営している県道路公社は、第2回発注見通し(7月26日時点)を明らかにした。発注件数は現時点で工事34件、委託8件の計42件。内訳をみると、山田ICのフルインター化関連は一般競争4件を含む11件で、Aランプ橋とEランプ橋の上部工や改良等を発注する。また、Ⅱ期区間では法面改築14件を見込む。

予算内訳は、山田ICフル化に伴う用地補償、測量設計、改築およびⅡ期区間の法面改築等に約23億円。山田IC改築に伴う一般競争は、Aランプ(鋼製L39m)とEランプ(PC単純中空床版橋L28m)の上部工やEランプ改良土工2件(L70mとL60m)の計4件。

Ⅱ期区間の老朽法面対策は、17年度に5カ所を16工区に分けて整備した。18年度には10カ所を16工区に分けて整備。19年度は繰り越し工事1件を含む。

維持改良費として、Ⅱ期区間には約2億5000万円を充てる。舗装補修2件や道路照明設備更新1件、利用促進景観植栽1件、Ⅲ期区間を含めて道路標識設置(設置・撤去29基)も予定。

Ⅲ期区間には約3億円を計上。6本のトンネルでは、防災設備更新を18年度から3年計画で実施。19年度は、2本を対象に非常電話や消火設備等を対象に実施。一般競争入札により発注する。

委託関係では、Ⅲ期区間で山田IC改築に向け料金事務所や電気室、道路標識、道路照明の各設計、Ⅱ期区間は橋梁補修設計と利用促進景観伐採等を実施する。

>>更に詳しい内容は会員ページの新聞検索にて!2019年7月30日掲載

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査