鹿児島建設新聞

 九州地整 直轄事業の計画通知

工事297億 測量設計52億
九州地整 直轄事業の計画通知

国土交通省九州地方整備局は、2024年度予算で地方負担を求める事業計画通知を県に対して行った。事業費は373億9009万円で本県負担額は96億1362万円。全体の工事費は297億156万円、測量設計費は52億7718万円となり、肝属川改修で田崎地区浸透対策の完成を予定している。

内訳をみると、河川改修(工事費14億3500万円、測量設計費4億7074万円)では、肝属川のしらす堤防強化で田崎地区(160m)の浸透対策(ドレーン工)を行い24年度に完成予定。川西地区の河道掘削(7200m3)等も進める。

川内川は東郷地区引堤事業に新規着手。また、天辰第二地区まちづくり一体型引堤事業は、築堤や旧堤撤去等を実施し26年度の完成を図る。

桜島砂防(工事費6億8900万円、測量設計費2億8880万円)は、砂防施設改築で持木川流域と春松川流域は25年度、有村川流域は26年度の完了を予定。

道路改築(工事費189億7800万円、測量設計費27億1559万円)は、芦北出水道路と日南・志布志道路、阿久根川内道路で改良や橋梁等の整備を進め、鹿児島東西道路はシールドトンネルマシンによる掘削を本格化させる。

防災対策(工事費2億3400万円、測量設計費3億3297万円)のうち、牛根境と亀割峠は用地買収や改良等に取り組み、喜入は調査を継続する。

>>更に詳しい内容は会員ページの新聞検索にて!2024年5月3日掲載



お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査