鹿児島建設新聞

 渡辺組グループ 仕事始め式

笑顔でプラス効果
渡辺組グループ 仕事始め式

渡辺組グループ(渡辺紘起会長)の2019年仕事始め式が4日、曽於市の大隅中央公民館で開かれた。グループ各社の役員・社員が出席し、考える集団となり他よりもすべてにおいて一歩抜きん出た〝ファーストコールカンパニー〟を目指して一丸となって取り組んでいくことを誓い合った。

安全祈願祭後に行われた式では、渡辺会長が今年のグループスローガンである『スマイル・アップ』を紹介し、「笑顔には多くのプラス効果がある。〝明るく・楽しく・元気よく〟を実現していくためにもグループスローガンのもと、働きやすい職場環境は自分の笑顔から始めていくという意識で一人ひとりが前向きに取り組んでほしい」と呼び掛けた。

続いて、前田恭平さん(20代・共栄開発)、上村聖美さん(30代・メルヘンスポーツ)、田上弘喜さん(40代・渡辺組)が各年代を代表し新春決意表明を行ったほか、各種表彰もあり、各受賞者の功績をたたえた。

また、新成人を迎えた志賀光平(渡辺組)、福山麿(共栄開発)、高良亮毅(メルヘンスポーツ)、上山夏樹(同)、吉盛優志(同)に成人祝いも贈られた。

式終了後には、県立図書館の原口泉館長を講師に迎え、「原口流歴史散歩 ~西郷隆盛と明治維新~」と題した新春講演会が行われた。

>>更に詳しい内容は会員ページの新聞検索にて!2019年1月10日掲載

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査