鹿児島建設新聞

逆瀬川勇氏黄綬褒章祝賀会

強いリーダーシップと情熱
逆瀬川勇氏黄綬褒章祝賀会

2023年秋に黄綬褒章を受章した県住宅産業協会理事長の逆瀬川勇氏(三洋ハウス社長、74歳)の祝賀会が10日、鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテルで開かれた。来賓をはじめ、関係団体や企業の代表者、社員ら約300人が出席。強いリーダーシップと情熱で、業界発展に力を注いできた氏の功績をたたえ、喜びを分かち合った。

氏は、東京で建材メーカーの勤務を経て「鹿児島のために」と一大決心し帰郷。29歳で7坪の事務所からスタートした。〝お客さまが幸せになれる住まいづくり〟を目指し奮闘する中、「鹿児島のよりよいまちづくり、住まいづくりへの貢献」を使命とする県住宅産業協会を設立し、今も理事長を務める。

祝辞では、全国住宅産業協会の馬場研治会長が、氏の人柄やこれまでの功績に触れ、「強いリーダーシップとこれまでの数々の実績が栄えある受章につながった」と紹介。

■更に詳しい情報を知りたい方は・・・



お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査