鹿児島建設新聞

鹿児島市24年度当初予算案(2825億)

桜島学校が工事発注 谷山支所改修へ設計
鹿児島市24年度当初予算案(2825億)

鹿児島市は13日、2024年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は2825億2400万円で、前年度当初比1.3%(36億5200万円)の増。普通建設事業費に302億3386万5000円(1.9%増)を編成し、桜島学校の本体着工(19億1911万円)や5校の校舎建て替えに向けた基本計画策定など(7億5873万円)を行う。谷山支所では大規模改修の設計等を進める。

今回の一般会計当初予算案は、持続可能なまちづくりやDX推進などを柱に過去最高額を更新。事業数は新規123件、拡充151件を盛り込む。国の補正予算による前倒し分を23年度2月補正予算案に計上したことから、実質的には約2872億円(1.7%増)の予算編成となる。

■更に詳しい情報を知りたい方は・・・



お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査

    ay: true, arrows: true, swipe: true, pauseOnHover: true, slidesToShow: 1, }); });