鹿児島建設新聞

南九州市新庁舎建設 検討委が答申書提出

基本設計はプロポ採用へ
南九州市新庁舎建設 検討委が答申書提出

南九州市の新庁舎建設に向けた検討委員会は26日、塗木弘幸市長へ基本構想・計画に関する答申書を提出した。次なる段階として2022年度着手を目指す基本設計の業者選定にあたって公募型プロポーザルを採用する見込み。当初予算で委託料の承認を得る構えだ。

答申書に盛り込んだ整備方針は、①本庁方式②延床7000~7500㎡程度、敷地面積2万2000㎡(目安)③建設地・知覧農業振興センター敷地内-など。45億円規模の概算事業費(工事費ほか経費)を掲げてきた中、物価上昇等が発生した場合に施設規模や費用の見直しも求めた。 

市は今後、3月議会にも庁舎位置の条例変更に伴う議案を提出する見通し。基本設計について、当初予算で委託料承認を得れば5月前後のプロポ公告、7月をめどに契約締結したい考えを明らかにしている。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査