鹿児島建設新聞

センテラス天文館4月9日、全面開業

新ランドマークが完成
センテラス天文館4月9日、全面開業

今月12日に建物が完成したセンテラス天文館が、4月9日に全面開業することが分かった。全国初出店など約80店舗の物販や飲食をはじめ、市立図書館、ホテルなどが入る。総事業費186億円、設計監理はRIA・東条設計JV、施工は大和ハウス工業で着工から約2年かけ整備を進めてきた。天文館の活性化を担う新たなランドマークが誕生する。

センテラス天文館は、1~4階の商業施設に全国初9店、九州初4店、鹿児島初18店などの雑貨やファッション、飲食店が入る。また、最上階15階には、城山ホテル鹿児島が運営するレストラン「黒ノ壽(くろのす)」が出店する。

このほか、屋上庭園や街が見渡せる展望スペース、ホテル(217室)、鹿児島市立の天文館図書館など地方都市に珍しい複合型の商業施設(S造一部RC造15階建3万6645㎡)が誕生する。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査