鹿児島建設新聞

森林土木協会日置支部がいちき串木野市等と災害協定

災害時の早期復旧に協力
森林土木協会日置支部がいちき串木野市等と災害協定

県森林土木協会日置支部(松﨑透支部長)と県鹿児島地域振興局(松本俊一局長)、いちき串木野市(中屋謙治市長)は19日、同市役所で森林災害協定を締結した。同市で発生する森林・竹林の風倒被害や山地崩壊、土砂流出等の被害および治山・林道施設の被害状況等を情報収集し、早期復旧に協力する。

協定式には、同協会から松﨑支部長(松﨑建設)や福地一郎副支部長(福地建設)のほか、同市に所属する3社らが出席。3者で協定書を交わしたあと、松﨑支部長は「会員一同、地域の安心・安全を守るため、災害時において災害カ所を調査し、連携を密にして、情報を速やかに報告していきたい」と言葉を寄せた。

松本局長は「会員の方々は現場に精通しているので、迅速な対応が図られる。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査