鹿児島建設新聞

県住生活基本計画見直し

公営住宅 新規・建替え1600戸に設定

県住宅政策室は、全国計画が見直されたことから県住生活基本計画を見直す。計画期間は2021年度から10年間で公営住宅(県営+市町村営)の供給目標は新規・建て替えを1600戸に設定。耐震基準(1981年基準)が求める耐震性を有しない住宅ストックの比率はおおむね解消を図ることや市町村の取り組みにより改修等が行われる空き家数の目標を2000件とする指標を定めた。

同計画(2016年12月策定)はおおむね5年ごとに見直している。また、全国計画が21年3月に改定されたことから内容を更新。あわせて、「県高齢者居住安定確保計画」、「県住宅確保要配慮者向け賃貸住宅供給促進計画」も見直し、さらに新たに創設された「マンション管理適正化推進計画」を盛り込む。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査