鹿児島建設新聞

県、新総合体育館の基本構想 第7回検討委員会

ドルフィン跡 南側に一体的に配置
県、新総合体育館の基本構想 第7回検討委員会

新たに県総合体育館の基本構想の策定に向け11日、鹿児島市のホテル自治会館で第7回検討委員会が開かれた。建設候補地の本港区エリアで施設の平面配置(案)を示され了承。ドルフィンポート跡地では南側に寄せて景観・眺望に配慮して、メインとサブのアリーナ等を一体的に配置。施設は4階建てで、高さは25~30m程度を想定している。なお、住吉町15番街区は駐車場として活用する。

施設配置(案)をみると、施設本体を分散配置すると建設・維持管理コストの増加、利便性の低下が想定されるため、ドルフィンポート跡地(3万855㎡)にメインとサブのアリーナ、武道場、弓道場(近立12人立、遠的6人立)を一体的に整備。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査