鹿児島建設新聞

建災防鹿児島分会災防大会

一丸でゼロ災目指す
建災防鹿児島分会災防大会

建設業労働災害防止協会県支部鹿児島分会(谷口明広分会長)の第45回労働災害防止大会が6日、鹿児島市の県建設センターであった。会員企業や関係機関等から約90人が参加。一丸となって安全管理対策の強化に努め、ゼロ災を目指すことを誓い合った。

年頭に当たり、谷口分会長(丸福建設)が「業界は人手不足など厳しい環境下にあるが、明るい職場づくりには安全の重要性を末端まで浸透させることが大切」と挨拶。新型コロナウイルスの状況が懸念される中、「これから年度末にかけて工事が輻輳(ふくそう)する時期。さらに気を引き締め、一丸となった活動に取り組んでいこう」と呼び掛けた。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査