鹿児島建設新聞

奄美で集中豪雨 2社が地域貢献

“地域の守り手”実践
奄美で集中豪雨 2社が地域貢献

3月30日の朝。この日奄美市で1時間に60㍉を超える集中豪雨が発生し、平田町のループ橋下道路は国道につながる橋付近まで大量の草木や赤土でいっぱいに。玄関前まで草や泥が流れ込んだ住民らは戸田正利平田町自治会長を通じ、奄美市へ除去をお願いしようとしていた矢先のことだった。

翌日の朝戸田さんが不安げに現場に来てみると、既に前田建設(前田國光社長)の恵幸一郎さんが真っ先に清掃作業を開始しており、その後次々と社員が参加して除去にあたっていた。午後からは散水車も導入し道路は元通りきれいな状態に。

戸田自治会長は同社に対し「住民だけでは手に負えない量だったので大変困っていた。日頃から除草作業や町のイベントにも積極的に参加するなど、地域の守り手として頼れる存在です」と感謝の言葉を伝えた。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査