鹿児島建設新聞

パーツ精工 第3工場の増設計画

タイセイ工務店で着工へ
パーツ精工 第3工場の増設計画

パーツ精工(大田憲治社長、埼玉県)は、薩摩川内市で鹿児島工場の増設(第3工場)を計画している。施工業者をタイセイ工務店(阿久根市)に決め、4月着工、11月の操業を目指す。投資額は建物、機械設備等を含め約8億円を見込む。

建設地は、薩摩川内市宮里町1500外で鹿児島第1・第2工場がある敷地内。建物規模はS造平屋建て1524㎡。設計は横河システム建築が担当。

新工場は、医療機器(生化学分析装置部品等)や印刷機器(商業用大型印刷装置部品等)、電子機器(表面実装機部品等)関連を増産するために計画された。また、新たな工作機械を導入し生産能力を大幅に増強する。

大田社長は「新規雇用を30人予定している。少しでも地域貢献ができれば」と話した。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査