鹿児島建設新聞

県内の高規格幹線道路

4車線化 清水川橋を発注
県内の高規格幹線道路

県内の高規格幹線道路のうち、隼人道路等で4車線化が進められている。唯一のトンネルとなる野久美田トンネル(258m)等の工事に着手。清水川橋等の発注も見込まれ、全体事業費は法面工98億9000万円や橋梁費43億1900万円など計248億2000万円。また、鹿児島道路(6km)の一部で事業化され、東市来地区で調査等に入りたい考えだ。

整備を担当するのは、西日本高速道路(NEXCO)。隼人道路の4車線化は2018年度に事業化。清水川橋(約500m)の東側で下部工(橋脚約10基、補強1基)、21年度にPC上部工、隼人港橋(約140m)は鋼上部工と下部工(橋脚2基、補強2基)、隼人西舗装(約L1.9㎞)等の発注を進め、24年度の全線供用を目指す。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査