鹿児島建設新聞

県道路公社発注見通し(第3回)

工事12件、委託16件
県道路公社発注見通し(第3回)

指宿有料道路を管理運営している県道路公社は、第3回発注見通し(23日時点)を明らかにした。発注件数は工事12件、委託16件の計31件。主な事業は、Ⅱ期(頴娃IC~谷山IC間)区間の線形改良に向けた測量設計や橋梁予備設計等を委託する。また、2021年度中の完成を目指す山田ICのフルインター化を継続する。

Ⅱ期線形改良は、ETC設置が完了したことや老朽法面対策、山田ICのフル化で完成に見通したがたったため、工事に向けた準備に着手する。

現状は地形の険しい山間部のため、走行性や見通しが悪く、曲線半径が80m以下の個所が約30カ所あり、その解消に向けて道路改良や橋梁整備等を行う。

今回の発注見通しによると、測量設計は計9件で5490mの路線測量や道路詳細設計、構造物設計また、橋梁予備設計2橋、ボーリング調査も予定。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査