鹿児島建設新聞

渡辺組 金生町ジョイントアーケード

鉄骨梁 全長32m架ける
渡辺組 金生町ジョイントアーケード

鹿児島市の天文館地区で全長約32mにおよぶジョイントアーケードの鉄骨梁架けが24、25日にあった。施工は渡辺組、設計・監理はエムズ・デザイン工房/中村建築事務所JV。施主は、天商連・鹿児島銀行天文館アーケード整備共同企業体。工期は2021年2月28日まで。

設置箇所は、金生町の鹿児島銀行本店前と山形屋前。アーケード(L32m×W15m)は、高さ13m、アーケード部(鉄骨梁)面積は451㎡。作業は、両日とも午前0時から午前5時まで、いづろ交差点~朝日通りを全面通行止めにして行われた。

24日、現地で30人もの職人らが鉄骨をボルトで締め、一つに組み立てたあと、120tのラフタークレーンで重量約15tにもおよぶ鉄骨梁を吊り上げ、設置した。

今回は、事前に鉄骨を製作する工場で仮組み立てを、社内ではBIMでシミュレーションするなどして臨んだ。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査