鹿児島建設新聞

環境フェスタかごしま

産資循協が出展
環境フェスタかごしま

2020環境フェスタかごしまが17、18日、鹿児島市のかごしま環境未来館であった。県産業資源循環協会(永田雄一会長)がブースを出展し、パッカー車へのごみ投入体験やリサイクル製品の展示などを通して業界を周知。子供らに「果たすべき役割」を伝えた。

ブース出展は、協会の広報・研修委員会(下田勝委員長)が中心となり、毎年実施。「リサイクルの世界をのぞこう」と題し、処理工程などの映像放映をはじめ、チップ等の実物展示などが注目を集めた。

中でも一層のにぎわいを見せたパッカー車へのごみ投入体験。2日間でのべ240人の子供たちが集まり、車両概要なども学びながら貴重な時間を過ごした。活動にあたっては、青年部協議会(岩野公志会長)も協力。

下田委員長(大日産業)は、「少しでもわれわれの業界に興味を抱いてもらえたら幸いに思う。活動が人材不足の解消につながることを願い、今後も展開していきたい」と力を込めた。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査