鹿児島建設新聞

働き方改革関連法説明会

法改正に備えて
働き方改革関連法説明会

東京リーガルマインド(反町雄彦社長、東京都)が厚生労働省から受託し、鹿児島労働局(三輪宗文局長)と行う「働き方改革関連法の説明会」が19日、鹿児島市のNCサンプラザであった。県内中小企業から約40人が参加。2021年度からの法改正に備えようと真剣に耳を傾けた。

19年から施工が進む働き方改革関連法。中小企業で21年4月から適応される法改正の周知を図るため、同社は10月から12月まで県内9会場にて説明会を行う。

同日は、鹿児島労働基準監督署から3人が講師を担当し、それぞれ同一労働・同一賃金や各種支援制度などを解説。その中で、下村孝子社会保険労務士は、働き方改革関連法の全体像などを説明。①年次有給休暇の確実な取得②フレックスタイム制の拡充-など全八項目を挙げ、法改正の重要性を説いた。このほか、時間外労働の上限規制や労働時間管理の実務イメージなどにも触れた。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査