鹿児島建設新聞

県民表彰を発表

森山清隆氏が受賞
県民表彰を発表

塩田康一知事は16日、定例記者会見で2020年度県民表彰の対象者を発表した。産業経済部門で、技能者の育成や技能の向上などに尽力された県職業能力開発協会の森山清隆顧問が受賞することを明らかにした。

同氏は、職業訓練制度や技能検定制度の普及啓発等に尽力し、地域産業を支える基盤として、技能者の育成および技能の継承に尽くされた功績が認められた。また、全国で初めてとなるものづくりの体験学習「ジュニアマイスター教室」を創設した。

これまで、日本建築仕上学会学会賞や旭日双光章(専門工事振興功労)、鹿児島市民表彰など各賞を受賞している。

県民表彰には、森山氏のほかに、地方自治部門で平安正盛氏(元知名町長)、教育文化スポーツ部門では三木靖氏(鶴丸城御楼門建設協議会専門家委員会委員長)、保健福祉部門は別府則夫氏(元県手をつなぐ育成会理事長)、産業経済部門は今林重夫氏(元県商工会議所連合会副会長)の計5人が選ばれた。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査