鹿児島建設新聞

九州地整 21年度発注者支援業務等

技術提案 評価テーマを事前公表
九州地整 21年度発注者支援業務等

国土交通省九州地方整備局は、2021年度の発注者支援業務等に関する技術提案評価テーマを事前公表した。例年、発注手続き期間が年末年始の繁忙期と重なっていることを考慮し、早期の公表によって技術提案書の検討期間を拡大。提案内容の充実化や各社の負担軽減を図る狙いがある。

21年4月から履行を開始する同局発注の発注者支援業務(積算技術、工事監督支援、技術審査)、公物管理補助業務(道路許認可審査・適正化指導、河川巡視、河川許認可審査、ダム管理、堰・排水機場管理)、用地補償総合技術業務-が対象となる。

事前公表した背景について、同局では「例年、発注手続き期間が土木コンサルタント業界の繁忙期と重なり、入札公告から技術提案書の提出まで年末年始をまたぐ時期となっている」とし、「テーマの事前公表によって、各社の負担軽減や入札参加意欲の向上、提案内容の充実化につなげたい」と触れている。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査