鹿児島建設新聞

県、国道504号西光寺拡幅

来年度 8号橋に着手
県、国道504号西光寺拡幅

県は、外環状道路における国道504号西光寺拡幅の整備で、2021年度から大型橋梁となる8号橋の整備に着手したい考えだ。(仮称)西光寺トンネルは開札を終え、事後審査で南生建設・藤田建設興業・第一建設JVが落札。全体事業費は127億円で19年度末進捗は51%。25年度の完了を見込む。

場所は、霧島市隼人町西光寺から同市溝辺町麓間の延長5800m。市街地から鹿児島空港への利便性を高めるため、線形不良、急勾配区間の改善を図るため、Ⅱ期に分けて整備する。Ⅰ期区間は空港側(700m)の現道を4車線化(幅員20.75m)し、山間部の狭あい区間(3700m)はバイパス化(暫定2車線、幅員8m)する。残るⅡ期区間(1400m)は現道を拡幅する。

来年度から着手予定の8号橋は地質調査の結果、基礎地盤が想定より軟弱なことが判明し、18年度に修正設計を実施したほか、現場再調査や地権者との協議の結果、仮設工法が盛土による工事用道路から仮桟橋に変更となった。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査