鹿児島建設新聞

20年度県土木部優良工事等表彰

他の目標として期待
20年度県土木部優良工事等表彰

2020年度県土木部優良工事等土木部長表彰式が5日、鹿児島市の県庁であった。施工管理などが評価された優良工事10、優秀技術者4人、優良業務1社の栄誉をたたえた。

式典では、兒島優一土木部長が「今後も建設業全体の目標、模範となり、業界全体のレベルアップが図られることに期待したい」と激励した。

これを受け、優良工事を受賞した峰山建設の峰山奥恵喜社長は「今後も、技術と経営に優れた企業を目指し地域の守り手として精進したい」、優秀技術からは、竹山建設の濵畑寿志監理技術者が「受賞に恥じぬよう技術の研鑽に努めたい」と言葉を寄せた。

さらに、優良業務を受賞した新日本技術コンサルタントの上野竜哉社長は「高品質な成果品を通して、公共事業を支えていきたい」と決意を誓った。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査