鹿児島建設新聞

新薩南病院基本設計の概要

塔屋付き 免震6階1・5万㎡
新薩南病院基本設計の概要

県立病院局は9月30日、新薩南病院基本設計の概要を県議会環境厚生委員会に報告した。建物規模は免震構造の地上6階塔屋1階付き延べ1万4939.3㎡で、昭和設計(大阪市)・県建築設計監理事業協同組合(川口利昭理事長)JVがが9月30日の期限で担当。概算事業費は約90億円で今後、同JVにより実施設計を進め、2021年8月ごろの着工、23年3月末の開院を目指す。

建物の平面計画をみると、1階は外来部門、救急外来部門、循環器病センター、消化器病センター、放射線部門、検査部門などの外来エリアを配置。2階はリハビリテーション部門、透析センター、手術・中央材料部門、管理部門を設置。

3~5階には病棟を設け、中央のスタッフステーションを取り囲むように病室を配置。6階にはエネルギーセンターと備蓄倉庫、塔屋階はヘリポートを整備する。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査