鹿児島建設新聞

南九州酒販 支店・物流C新設

鎌田建設で着工
南九州酒販 支店・物流C新設

酒類・食品の卸売業を手掛ける南九州酒販(川口繁人社長)は、姶良市に加治木支店および物流センターを新設する。建物規模はS造平屋建て約4965㎡。施工は鎌田建設(霧島市)が担当し、8月末の着工を予定。1万8495㎡ある敷地では、大手飲料会社の物流施設(同約6620㎡)の建設に向け、詳細を詰めていることも明らかになった。

建設地は、加治木町木田1388‐18(須崎地区公共用地)。霧島市溝辺町にある現支店(土地3972㎡、施設1655㎡)が手狭になったことを踏まえて建て替えを決めた。着工後は2021年3月の完成、同5月の操業を目指す。設計は横河システム建築(千葉県)が担当した。

物流センターは、同社が鹿児島市南栄に持つセンターとともに2大拠点としたい考え。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査