鹿児島建設新聞

曽於市 岩川小校舎改築

3社JV 代表は建築800点以上
曽於市 岩川小校舎改築

曽於市は4日、岩川小学校の校舎改築にかかる一般競争入札の実施要領を設備分離で公告した。建築本体工は3社JVとし、代表は3市町内(曽於、志布志、大崎)に本店または本社を置く建築一式800点以上の企業が条件。参加は17日午後5時まで受け付ける。建物規模はRC造3階建4475㎡で、工期は450日間。基本・実施設計は衞藤中山設計が担当した。

3社JVで発注する本体工は、3市町内に本店・本社を有する建築一式の総合評定値(経営事項審査)800点以上の企業が代表。ほか構成員は、曽於市に営業所を置く同700点以上の企業とする。開札は27日同10時。

電気設備は、1工区(受変電・構内線路設備等)が県内に営業所を有する電気工事の総合評定値900点以上、2工区(構内線路・弱電・自動火災報知設備)は曽於市の電気工事950点以上が主な要件。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査