鹿児島建設新聞

潮流 県内建設業の月間給与

19年平均は29・6万円 

県内建設業(事業所規模5人以上)の2019年平均月間給与額が29万6460円となったことが分かった。30人以上の事業所と比べると5万円程度の開きがあり、前年からの下げ幅に見られるように数字が乱高下している状況。時間外手当などが増減に影響を与えている可能性も考えられるが、近年の平均額を示すならばおおむね「30万円前後」が県内の業界水準とみえる。

県の毎月勤労統計調査(地方調査)によると、建設業の19年平均月間給与額は事業所規模5人以上で29万6460円(前年比8.4%減)、同30人以上で34万8086円(同1.5%増)となった。

事業所規模5人以上の給与額は、18年に32万3273円(前年比7.9%増)まで上昇したものの、再び2~3年前の数字に戻った状況。乱高下している理由は定かではないが、建設業の場合は災害対応等で時間外労働手当が急増する年もあることから、年次的な推移から水準を算出しづらい業種ともいえる。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査