鹿児島建設新聞

NEXCO西日本発注見通し(7月時点)

鹿児島道路で調査着手

西日本高速道路(NEXCO西日本)九州支社は、2020年度発注見通し(7月時点)を発表した。工事は15件、業務は6件の計21件を予定。今年度から事業化した南九州西回り自動車道・鹿児島道路のうち、美山IC~伊集院IC間(6km)の一部付加車線設置では3件の業務を委託する。また、隼人道路の4車線化は大型工事が目白押しで、九州自動車道では小野北枝橋など8橋で耐震補強を行う。

鹿児島道路のうち、美山IC~伊集院IC間の4車線化(総事業費330億円)は、美山ICから伊集院方面2.3kmの付加車線設置(同140億円)を20年度から事業化。主な構造物は橋梁が2基あり、詳細測量や橋梁概略形式検討、施工管理業務の3件を委託する。

隼人道路(7.3km)の4車線化では、野久美田トンネルの入札予定は公告済み。対象範囲は霧島市~姶良市までの延長約5km。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査