鹿児島建設新聞

米盛建設が女性パト

ウェブカメラで遠隔視察
米盛建設が女性パト

米盛建設(米盛庄一郎社長)はこのほど、自社が進める鹿児島市の現場でレディースパトロールを実施した。現地調査班のほか、新型コロナ禍を受けてICT技術を用いたウェアラブルカメラによる遠隔視察を採用。移動時間や天候等にとらわれず、高所が苦手な女性にも強い味方となる新しい形のパトは、注目を集めそうだ。

視察対象は、九州地方整備局鹿児島港湾・空港整備事務所が発注した「令和元年度鹿児島港(中央港区)岸壁ケーソン製作工事(第7次)」の現場。現地視察5人、同社東開事業所での遠隔視察6人が参加し、危険箇所の確認や女性ならではの繊細な視点から、一層の環境・衛生改善などを働きかけた。

終了後、初の試みに対して参加者からは「遠い現場でも気軽に視察できる」「天候に左右されず、高所が苦手な人にとってはありがたい」と喜ぶ声も。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査