鹿児島建設新聞

ミタデン新社屋が完成

門出祝う
ミタデン新社屋が完成

ミタデン(三田治雄社長)が鹿児島市で整備を進めていた新社屋が完成した。22日、現地で竣工式を開催。関係者約30人が出席し、門出を祝うとともに一層の繁栄を願った。

新社屋(S造3階建939㎡)の建設地は、与次郎1丁目2‐15。1階に研修室や会議室を配置したほか、3階にはカフェスペース(休憩室)なども備えている。施工は小牧建設、設計・監理は東条設計が担当した。

神事では三田社長らが玉ぐしを奉納し、さらなる発展を祈念。関係者によるテープカットでは、会場中がその完成を喜んだ。 

三田社長は「長年の夢が叶いうれしい限り。社員が増え、余裕を持って働ける場を提供したかった」とした上で今後には「先を見据えた経営に心がけたい」と意気込みを見せた。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査