鹿児島建設新聞

県内建設業の労働時間(19年平均)

170時間/月 改善基調も格差目立つ

県内建設業(事業所規模5人以上)で働く従業員の1カ月当たりの労働時間が年次的に減少していることが分かった。2019年の平均実労働時間数は170.5時間/月となり、5年前と比べて13時間減少。週休2日などの働き方改革の取り組みが数字として表れつつあるものの、他産業との格差はなかなか縮まらない状況だ。

県の毎月勤労統計調査(地方調査)によると、建設業の19年平均実労働時間数は事業所規模5人以上で170.5時間/月(前年比0.3%減)、同30人以上で167.1時間/月(同3.9%減)となった。

事業所規模によって差は見られるが、直近5年間での労働時間は抑制傾向にあり、14年(183.7時間/月)と比べると13.2時間の減。出勤日数も2日程度減少した。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査