鹿児島建設新聞

枕崎バイオマスエナジー 枕崎に木質バイオマス発電所が完成

発電規模は1990kW
枕崎バイオマスエナジー 枕崎に木質バイオマス発電所が完成

2019年5月から整備を進めてきた枕崎バイオマスエナジー(枕崎市)の木質バイオマス発電所が15日完成し、火入れ式を行った。順調に進めば試運転を経て、10月にも本格稼働する。発電規模は1990kW、年間発電量は一般家庭の約4000世帯相当を見込む。

建設地は、仁田浦町195‐1(旧JA南さつまの養豚場)。敷地面積約2万5000㎡に発電所のほか、燃料加工場(S造平屋建て180㎡、2棟)と貯蔵庫(同360㎡、1棟)を整備した。施工は日本コムシス(東京都)、飛島建設(同)、ヤマグチ(霧島市)が担当。 

燃料加工は、前田産業(霧島市)と枕崎バイオマスエナジーが共同出資した枕崎バイオマスリソースが担う。総事業費は約32億円、発電された電気は九州電力へ全量売電する。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査