鹿児島建設新聞

枕崎建設業組合 災害廃棄物で市と協定

迅速、円滑な処理を
枕崎建設業組合 災害廃棄物で市と協定

枕崎建設業組合(長野義哉組合長)は15日、枕崎市と災害時における災害廃棄物処理等の協力に関する協定を締結した。迅速かつ円滑な対応で地域の安心安全に資することを目指す。

市役所であった調印式には、組合より長野組合長(長野建設)、今給黎政幸副組合長(今給黎建設)、茅野正巳監事(茅野産業)が出席。つつがなく調印を終え、前田祝成市長が「協定は大変ありがたい。日本各地で未曾有の災害が続出しており、発生する廃棄物が大きな問題となる。仮置き場までのルート確保も一緒に考えながら、力を合わせてまちを守っていきたい」と挨拶した。

長野組合長は「地域建設業にとって災害対応は社会的な責務。何かあれば、重機やダンプ、人員を導入し、市民の人命や財産を守るため組合員一丸となって取り組みたい」と決意を述べた。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査