鹿児島建設新聞

JR九州 RJR郡元Ⅲ 賃貸マンション

144戸 錢高組で着工
JR九州 RJR郡元Ⅲ 賃貸マンション

九州旅客鉄道(JR九州)は、鹿児島車両センター跡地の一部に賃貸マンション「仮称・RJR郡元Ⅲ」の新築を計画している。錢高組九州支店(福岡市)の施工で着工。2024年2月末の完成を目指す。設計・監理はフレームワークス(福岡市)の担当で、戸数は144戸を予定している。

建設地は、鹿児島市郡元1丁目98-1外(準工業地域)の敷地3050.2㎡。建物規模はRC造14階建7408.48㎡(高さ46m)。間取りは1LDKや2LDKが中心となるもよう。

これまで、鹿児島車両センター跡地ではRJRプレシア郡元(164戸)、同郡元Ⅱ(142戸)を錢高組、JR鹿児島寮(118戸)と立体駐車場(4層5段の約380台)を九鉄工業でそれぞれ整備した。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査