鹿児島建設新聞

川内川河川 球磨川流域へテックフォース派遣

早期復旧へ全力誓う
川内川河川 球磨川流域へテックフォース派遣

梅雨前線に伴う記録的な大雨で甚大な被害が発生している球磨川流域に九州地方整備局川内川河川事務所は緊急災害対策派遣隊(TEC-FORSE)を派遣する。9日、薩摩川内市の同事務所前で出発式が行われた。

今回は、九州各事務所から派遣する中で、同事務所からは施設管理課施設管理第一係の谷本泰晃係長と調査課調査係の坂田朋幸さんの2人が出向く。

出発式では、安部宏紀所長が「球磨川のことは、明日の川内川かもしれない。被災地の人に寄り添い、被災者の気持ちになって作業を行ってください」と2人を激励。谷本係長は「身の安全を確保し、今まで培った知識と経験を最大限生かし、皆さんが一日でも早く日常に戻せるように全力で取り組んきます」と意気込みを語った。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査