鹿児島建設新聞

指宿市営野球場改修

設備分離 建築は2社JVで
指宿市営野球場改修

指宿市は、2021年度までの2カ年で8億円超の事業費を充て、市営野球場改修に着手する。工事は、本部棟やサイドスタンド等の建築本体のほか、電気、給排水設備を分離で発注。建築本体は2社JVによる施工とし、2021年9月末までの工期を見込む。

改修は、既存施設の老朽化や耐震性の確保を目的に実施。2社JVで施工する建築本体には、本部棟やダッグアウト、ブルペン、サイドスタンド(1、3塁側)、外構等の整備を盛り込み、代表企業は市格付けの建築Aまたは◯B級、構成員は同Bまたは◯C級の共同体であることを求める。電気、給排水設備については格付けの条件を設けない。入札はいずれも7月28日に予定。

このほか、バックスクリーンやスコアボード(電光掲示板)は別途で発注する見通し。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査