鹿児島建設新聞

伊佐市新庁舎建設設計プロポ

シーラカンスアンドアソシエイツ・Dai建築DESIGN企業体
伊佐市新庁舎建設設計プロポ

伊佐市は7日、新庁舎建設基本・実施設計の業者選定にかかる公募型プロポーザルの審査結果を公表した。最優秀者はシーラカンスアンドアソシエイツ・Dai建築DESIGN共同企業体に決定。今後契約締結し、22年1月末まで(議会承認を経て繰越予定)の期限で基本・実施設計を進める。本体の工期は22年4月~23年12月を予定している。

建設地は、大口ふれあいセンター周辺の約1万4600㎡の敷地。建物は延べ8000㎡を想定し、設計予算額は1億3580万円、総事業費は40億円を見込む。

プロポの整備目標は「みんなで時間を共有し、にぎわいをはぐくむ伊佐市のシンボルとしての新庁舎の整備」で、①防災・災害対策拠点②環境負荷が少なく経済性が高い③まちづくりとして有機的な働きをもたらす-などを基本方針とした。市まで2時間以内の場所に本店・営業所等を有することなどを要件に公募し、20者が参加表明、18者が技術提案書を提出。

■更に詳しい情報は知りたい方は・・・

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査