鹿児島建設新聞

県、総合体育館

建物等調査・測量を委託

県は、新たな総合体育館の整備に向け、追加調査を実施する。建設予定地は、県工業試験場跡地が最適と判断し、隣地所有者の日本郵便(JP)から土地を取得したい考えで、9月補正予算に委託料3805万円を計上。建物等調査と用地測量に向けた委託業務で、指名競争入札による22日の開札に向けた手続きに入った。

県工業試験場跡地(建ぺい率80%、容積率400㎡)は約1万㎡あるが、施設規模等を考慮すると、市道を挟んだJP所有地を加えた場合が約1万5700㎡となり、鹿児島市条例による大規模施設の駐車場台数確保が容易になる。

また、隣地でJR九州が自社所有地(約8500㎡)に9階建ての商業・オフィスビル、18階建て分譲マンションなど、複合施設の方針を示しており、再開発には市道拡幅等に県の協力が必要となる。

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査