鹿児島建設新聞

隼人道路4車線化

第一弾を委託 構造物の詳細設計へ
隼人道路4車線化

西日本高速道路(NEXCO西日本)九州支社は、国道10号「隼人道路」の4車線化に向け、第一弾として野久美田トンネルや清水川橋、隼人港橋等の構造物の詳細設計を委託を行った。区間内にはトンネル1本、橋梁3基が見込まれ、総事業費は250億円を見込む。2019年度からの工事着手を目指す。

同道路は、1992年3月に供用開始。東九州自動車道と接続し、一体的にネットワークを形成する延長7.3km(隼人東IC~加治木IC)。主な構造物は隼人東IC側から隼人港橋(PC橋、延長約140m)、清水川橋(PC橋+RC橋、延長約500m)、野久美田トンネル(延長約250m)、星原橋(PC橋、延長約30m)、観音ケ宇都橋(PC橋、延長約110m)がある。そのうち、観音ケ宇都橋だけ4車線化済みとなっている。

お知らせ

    CPDS・CPD認定講習会

    新聞購読お申し込み メルマガお申し込み

    KISS-WEB会員情報を無料で
    お試しいただけます

    無料体験申込

    デモはこちらから↓

    KISS-WEB会員情報デモ版

    PR情報

    アンケート調査